フラット35説明資料

転職後でも住宅ローンを受けられるかを確認しに、フラット35相談会に行ってみた

全国でフラット35の一斉相談会があるという情報を聞きつけたので、相談に行ってみた。

北海道銀行に住宅ローン相談に行った時は、勤続年数が2年以上ないと審査すら受けられないと言われ意気消沈していた。

しかし、今年1月にBESS札幌に行ったときに営業の方から「フラット35なら勤続年数が1ヶ月からでも審査を受けられるよ!」言われたことを思い出した。

一刻も早く家を建てたい身としては、フラット35にすがりたい気持ちでいっぱいだ。ということで、BESSの営業の方から言われたことが本当かを確かめに、相談を受けたのだ。

以下、その顛末である。

会場は北海道マイホームセンター札幌会場。現在住んでいる野幌からは車で40分くらい。

前に行った北海道マイホームセンターの森林公園会場のモデルハウスは12棟だったが、札幌会場は27棟もある!会場内も広い広い。息子は広々した敷地を走り回り、追いかけるのが大変だった。

相談予約は12時からだが、着いたのは10時50分。時間が空いたのでモデルハウスを見学した。

見学したのは次の3つのハウスメーカー。

どれもあまりに広くて、実際の実際に生活するイメージが湧かなかったなぁ。

前置きが長くなったので、フラット35の相談会の話に戻ろう。

相談に乗ってくれたのは、住宅金融支援機構北海道支店のSさん。

相談内容は以下の3点。

  • 転職したてだが、住宅ローンの融資を受けることは可能か?
  • 審査の参考になる年収額は、転職したてだとどのように算出されるのか?
  • 借り入れ限度額はどれくらい?
フラット35説明資料
フラット35説明資料

転職したてでも融資は受けられるの?

話に聞いていたとおり、勤続年数が短くても審査は受けられるとのことだ。マジか!この時点で、銀行の住宅ローンなんて目もくれず、フラット35一択で行くしかない!と心に決めたのだった。

年収額はどう計算するの?

通常は前年の年収額を審査の参考にするそうだが、転職した場合は当然前職の年収額は参考にはされない。前職の給料をその人の今後の稼ぎの参考になるはずがないからね。

オレのようにUターンで帰ってくる際に転職した人の多くは、年収が下がっているはずである。給与水準が首都圏と地方だと全然違うので当たり前だ。

前職を辞める前に住宅ローンを組むことができれば良いのだが、「何で首都圏に住んでいるのに北海道に家を建てるの?」という審査者の質問に答えられないので、収入も勤続年数も十分だとしても、きっと審査に通ることはできないんだろうなぁ。

で、年収額の算出方法だ。Sさんが言うには、今年の見込み年収を以下のルールで算出するとのことだ。

  • 新しい会社から今年もらった月額給与の平均額を算出する
  • 平均額×12ヶ月分の金額が見込み年収額となる
  • ボーナスをもらっている場合、ボーナスは月額給与の平均額の算出には含めず、先に求めた年収額にボーナス金額を上乗せする

例えば現在が11月と仮定しよう。2月から勤務を開始した場合、給料は3月支払い分〜10月支払い分の7か月分もらっているとする。この平均額が25万円とする。また、6月にボーナス50万円が支給され、12月にも同額のボーナスが支給予定とする。この場合、見込み年収額は

350(万円) = 25(万円) × 12(ヶ月) + 50(万円 : 6月のボーナス分)

となる。12月に予定されているボーナスは見込み年収額に含めることはできないのだ。

借り入れ限度額は?

年収に応じた借り入れ限度額をフラット35のローンシミュレーションページから確認可能である。担当のSさんもその場でこのページを使って限度額を算出してくれた。

例えば見込み年収額が350万円で金利が1.5%の場合、ローンシミュレーションページによると限度額は

2,857万円

となる。結構な金額を借りられるんだなぁと思ったが、実際はこんなに借りようと思うときっと審査が厳しくなるのだろう。

今回相談したことはネットで調べればすぐにわかることだったかもしれない。しかし、直接相談することでネットの内容を間違って解釈してしまうこともないし、その場で生まれた新たな疑問にもすぐに答えてもらえたし、相談してよかったと思った。

Sさんからの最後のアドバイスは、

「審査基準はフラット35を扱う銀行ごとに異なっているので、ある銀行で審査に通らなくても別の銀行なら通ることもある。思い切って複数の銀行に審査を依頼すると効率的だ。」

だった。なるほど!参考にしよう。まずはフラット35を扱っている銀行の調査から始めなきゃな。

帰りにナチュリエスタジオという住宅メーカーが運営する家具・雑貨・カフェの総合店に寄ってみた。オシャレな家具が揃っていたので、もし家を建てることができたらまた来よう!

ナチュリエスタジオの2Fにはコンビニ・書店で500円くらいで売られている雑誌が無料で配布されていた。ラッキー♪

住まいの提案北海道
無料で配布されていた雑誌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です